February 08, 2005

春節

 
 ド太鼓競い獅子舞は、新年のにぎやかな遊びで、南方の農村で盛んである。年末から正月十五日のあいだ、ドラや太鼓の音が四方八方からひびき、たえることがない。ドラ・太鼓競いは大衆的なレジャーで、村ごとにドラ・太鼓隊がある。太鼓、銅の鈸に、いくつかのドラからなり、太鼓の音で指揮をとり、銅の鈸もドラもその拍子にあわせて打ちたたく。クライマックスに達すると、それぞれのドラ・太鼓隊は力の限り音をだし、互いに競って、自分たちの楽のひびきで相手を圧倒しようとする。その音は山が崩れ、巨濤がおしよせ、千軍万馬が狂奔するにも似て、日ごろ静かな農村を、たちまちのうちに熱狂的な気分にかりたててしまう。


 獅子舞も健康的な民間の伝統娯楽で、正月の四日から十五日のあいだに、獅子舞の隊伍が村むらを巡回する。その隊伍は七人から十人ぐらい、いちように同じ装束をまとい、腰に同じベルトをしめ、刀や棒をさし、威風堂々としている。獅子頭は張子づくりであるが、それぞれ異なっており、「猫がしら獅子」「おんどり獅子」「闘牛獅子」などがある。獅子頭は目、鼻、口をそなえており、彩色され、毛糸や鈴で飾られる。胴は色とりどりの布でつくられ、とても美しい。舞う時には、ひとりが両手で獅子頭を高くかかげて頭部になり、ひとりが背をまげて尾部になり、ドラや太鼓の音にあわせて舞いながら、地上をころげまわったり、飛び跳ねたりする。その他の四人が二人ずつ猿と阿呆に扮して、舞いながら、跳んだり、はねたり、滑稽なしぐさをしたりして、人々の笑いをかう。

 春節の期間には、この他に多くの面白い娯楽がある。高足踊り、竜灯の舞い、船踊り、竹馬遊びなどで、色とりどりに趣向をこらし、とてもにぎやかである。各地でも芝居小屋がかかり、伝統的なだしもの「三たび白骨の精と戦う」とか「白蛇伝」を上演し、みなの歓迎を受けている。

sunnyberyl at 21:02│Comments(2)TrackBack(0)clip! culture 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by clonecd517   May 10, 2011 10:18
1 In youth and beauty wisdom is but rare.
2. Posted by Violet   September 01, 2013 15:27
Hi there Dear, are you actually visiting this website daily, if so after that you will definitely obtain fastidious know-how.

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔